ミッション・ステートメント

〜東京北キリスト教会の使命と役割〜

▽イエス・キリストを通して出会った神さまに喜ばれる礼拝をささげます

▽わたしたちが受けている恵みを分かちあっていきます。

▽子どもを愛し、受け入れ、ともに成長する教会になります。

▽地域に仕え、地域から聞く教会を目指します。

2012年5月27日制定

今週の聖書

主に付き従う

サムエル記上12章20-25節

2014年2月2日

 イスラエルは、神の支配から王の支配へと大きく変わろうとしています。最後の士師として仕えてきたサムエルが告別の辞を述べています。「恐れるな。あなたたちはこのような悪を行ったが、今後はそれることなく主に付き従い、心を尽くして主に仕えなさい」と。

 イスラエルの人々が「行った(アーサー)」悪とは、「王を求めた」ことでした。神さまが王であるのにもかかわらず、目に見える王をしきりに願ったのです。ご自分を退けた民に対して、神さまは人々をご自分の民と「決めた(アーサー)」ので、その民をおろそかにはなさりません。

 神の民は救う力もない「むなしい(トーフー)」ものについて行きましたが、結局は王にすべてを搾取され、奴隷となってしまいます。王のために泣き叫ぶことになる人々の姿は、天地創造以前の混沌(トーフー、カオス)そのものです。神さまはその混沌に光と秩序を創られるのです。

 しかし、サムエルは「良い(トーブ)」道を示しました。むなしさやカオスを恐れず、それらに光と秩序をもたらす神を畏れて生きることです。教会はイエス・キリストの死と復活を通して、「神さまがいかに偉大なことを示されたかを悟って」いく群れです。

リンク

キリスト教関係の諸団体やボランティアなどのサイトへのリンクです。

キリスト教信仰に基づく様々な団体の活動にご理解、ご協力をいただければと思います。

お問い合わせ

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-15

03-3598-6077

bokushi@tokyokita.net